最近のトピック

バナー

地雷感漂う B 級グルメですが、これがなかなかどうして。

20171220_031154760_iOS 20171220_031418804_iOS

西葛西駅のガード下にある立ち食いそば屋、そば処 やしま。正直、どう見ても地雷感漂うお店なのですが、食べログを見ると 3.56 となかなかの高評価。どんなもんかと思って挑戦してみましたが、いやはやこれなかなか美味しいじゃないですか。

そばも既製品、すでに茹でてるものを温めなおしてつゆをかけて提供するだけなのですが、不思議と天ぷらとそばとつゆが完全にマッチしていて全体としてレベルが高い。なるほどこれは人気になるのもわかるなぁという印象です。

一直線上のカウンターのみが存在するという不思議なお店でしたが、次から次へとお客さんがやってくるのも頷けます。素早くちょろっと美味しいものをお腹に入れられる、そんな立ち食いならではのいいお店でした。

ここの親子丼は美味しいですよ、と紹介されて挑戦してみました。

20171206_024033915_iOS 20171206_024949448_iOS

千石駅の近くにある鶏料理のお店、喜三郎農場。鶏料理というよりは卵料理がメインなのか、TKG とかも出しているようですが、推薦された通りに親子丼にトライ。なるほど確かに味が濃厚な卵を使っていてなかなか美味しかったです。とはいえ鶏肉の方が若干イマイチな感もあり、もしかしたらここは TKG の方がよかったかもしれません。

いや~、久しぶりにランチで大当たりを引きました。

20171222_035141788_iOS

神田の少し裏手にある、東京ブッチャーズ。炭火焼のステーキを出してくれるお店で、ランチ時間帯には結構な行列ができていました。面白いのはライス大盛り無料で、+50 円でライスにカレーをかけられるシステムになっているところ。肉屋のステーキプレートのライス大盛り、そしてカレーがけを注文してみました。

20171222_041541733_iOS

ちょ;;;。
おいおい普通にカレーがひと皿分あるだろうと小一時間;;。なんというボリューム感。

20171222_041543939_iOS 20171222_041546067_iOS

牛肉 2 枚とグリルチキンが 1 枚。一瞬、そのボリュームにひるみかけましたが、驚いたのは牛肉の柔らかさと美味さ。\1,000 ランチでよくこれだけ上質なものをこのボリュームで出せるなぁとかなり感心。人気が出るのもわかります。自分は気付かなかったのですが、さらに帰りがけにアイスコーヒーのフリーテイクアウトまであった様子。機会を見つけて再訪して他のメニューも試してみたいところです。

「ラピュタは、本当にあったんだ!」……と書かずにはいられないお店です。(ぉ

20171204_070719992_iOS

西葛西にある洋菓子店、パティスリールラピュタ。かなり昔からやっている洋菓子店のようなのですが、ここはチーズケーキが有名だとか。しかもワインと楽しむ大人のためのチーズケーキがスペシャリテとのことで、嫁から誕生日ケーキをこれにしろという指示が出たので手配した次第だったりします。

20171204_113023722_iOS 20171219_214544488_iOS

普通のケーキとスペシャリテのケーキの両方に挑戦してみましたが、スペシャリテのケーキのほうはなかなか面白い。ゴルゴンゾーラ、リコッタ、カマンベール、グリエール、ゴーダ、パルミジャーノなど様々なチーズを使ったチーズケーキで、ケーキといっても甘さはほとんどなく、ワインと楽しめるようにということで作られたもの。

とはいえコンセプト的には面白かったんですが、いやこれなら普通にチーズのままでいいんじゃね?; という結論になりかけたのが残念なところ。甘さがなく、オードブル的にも楽しめるとの触れ込みだったのですが、正直どっちつかずという印象がありました。

逆に、左の写真にある普通のケーキのほうが素直にチーズケーキとしての出来の良さを味わえた印象があり、うーん、と唸ってしまったところ。この手の変化球は好みと合うかどうかが結構難しいものですね。

昨年の忘年会で紹介されたお店でしたが、ここはかなり当たりでした。

20171201_094855765_iOS

田端と駒込の間の住宅街ど真ん中にあるお店、焼肉 山河。写真からは分かりにくいですが、内装はファミレス風ですが清潔感もあって居心地は悪くないです。

20171201_095344354_iOS 20171201_095702222_iOS

20171201_095707613_iOS 20171201_101837723_iOS

驚くべきは肉質と価格。肉の問屋が直営でやっているそうなのですが、どの皿も \400~\500 程度なのにこのボリューム感。右下のリッチなプレートでも \1,380 程度で、いやこの肉質でこの値段はちょっとあり得ないでしょう、という印象。アルコールもさんざん開けまくってさんざん食い散らかしても \6,000 (だったかな?)。いやはやびっくりしました。

惜しむらくはアクセスの悪さと混雑ですが、それを差し置いてもまた再び行きたくなるお店でした。何かの機会があったらまた使いたいところです。

地味目ですが最近ハマっているゲームがこちらです。

20180103_161928000_iOS 20180103_161946000_iOS

ルールは簡単、以下のように一筆書きで全部のパネルを塗りつぶせば OK。

20180103_162107000_iOS

シンプルなゲームながら意外に奥が深く、ボリュームもあってなかなかよい。ただ、Professional レベルぐらいになってくると頭の中だけでは答えが見つけられないことも多かったりします。そんなときにはこんな裏技。

20180103_161943000_iOS

スクリーンショットを取って、手書きで可能なルートを書き入れていくとだいたい一意に答えが決まります。……ってまあ、これやっちゃうと面白くないんですけどね^^。頭の記憶力だけでどこまで戦えるかが面白いゲームです。ちょっとしたゲームですがなかなか面白かったので、興味がある方はぜひ。

少し前の話ですが、前々から行きたかった大宮の鉄道博物館に家族で足を延ばしてみました。

DSC02676 DSC02688

いや~、なんというかですね。
ここヤバいです。っつーか素敵すぎるwww。

DSC02700 20171119_032447795_iOS

別に自分は鉄ちゃんというわけではないのですが、昔の車両の展示といい、巨大なジオラマ模型展示といい、男の子だったら絶対に興奮するだろうという展示の数々。周りの家族連れを見回しても、一番フィーバーしているのはお父さんという惨状で、ああここは危険な場所だと思わずにはいられませんでした;。

息子がまだ 1 歳半ぐらいだったので、それほど見て回れたわけではない(というよりも息子は車両展示よりもその周辺でただ単に駆け回っているだけだったという;)のですが、年齢ごとにいろいろ楽しめるゾーンがあって、ここは何度か来てもいいなぁと思ってしまいました。また 1 年ぐらいしたら遊びに来たいものです。

っと、そうそう、これにも驚きました。

20171119_040317515_iOS

鉄道博物館の中にあったハンバーガー屋さんなんですが、びっくりしたのはこれがかなり美味しい。正直ぜんぜん期待していなかっただけに不意打ちを食らいました。JR さんのこの手のお弁当屋さんも進化してるんですねぇ。

先日のコミケの打ち上げでは、ちょっと会場から歩いてヴィーナスフォートへ。

20171230_072657439_iOS 20171230_072637564_iOS

その中にある GREEN ASIA TOKYO というアジア料理店にお邪魔してきました。

20171230_080801048_iOS 20171230_080517957_iOS

20171230_084933848_iOS

インドネシア・タイ・ベトナム料理のお店ですが、味付けはかなり大人しめ。ナシゴレンと蒸し鶏のフォーのセットを注文しましたが、どちらもかなり美味しかったです。お値段もかなりリーズナブル、また機会があったら使ってみたいものです。

……というわけで、最近これにハマっております。主に私が;;

20171231_012714649_iOS

タカラトミーのプラレール。もともと一年前に、ヨドバシの男の子用の福袋に入っていたものを最近になって開封したのですが、組み立ててみたところ息子が大喜び。最初は単に楕円ループを走らせただけでしたが、そのうち欲が出てきてどんどん情景パーツが増えていくワナ;。あっという間に写真のようなレイアウトができた次第、だったりします。

# というかこのテーブルの上だとこのぐらいが限界....;

最初は自分の手で走らせて喜んでいた息子も、プラレールは見て楽しむものだということを理解し、トンネルの先端に陣取って列車が出てくるのを待ち構えて喜んだり。しかし困ったことにこのプラレール、値段設定がまた絶妙で、レールも単純なものなら数百円程度、列車も 1 編成あたり \1,000 ちょっとぐらいなので、ついつい買い足してしまうワナ;。いやこれは危険すぎる....(苦笑)

息子はどうしてもトミカとプラレールをコラボさせたいらしく、レールの上にトミカを載せては車両を脱線させているのですが;、調べてみるとこんなものもあるのですね....さすがというかなんというか;;。

レインボーブリッジをリスペクトしたような感じっぽいですが、果たして息子が飽きるまでにどれぐらいお金を吸われるのだろうか....orz

最近、Facebookをつらつら見ていて正直ぐったりすることが多くなってきたなぁと感じていたのですが、どうも理由がわからずモヤモヤ感が。そんな中、先日、「Facebookは意識高い系の連中がマウンティングしてリア充自慢する場と化してるんでしょ?」とバッサリ切り捨てる発言を聞いて、ああなるほどと腑に落ちてしまったり。

何を今さらと言われそうな気もするわけですが、もともとSNSがリア充アピールの場になっているという話はしょっちゅう聞く話だし、ぶっちゃけSNSやblogなんて多かれ少なかれ自己承認欲求が発端となって書かれている場合は非常に多い(このblogもそう;)。リア充アピールする方もされる方もそれに疲れてSNSから離れていく、なんていう話をよく聞くのですが、私自身は他人のリア充アピールそのものはそれほど気にならないことが多かった(つもり)だったんですよね。で、なんで最近それがやたらと気になるようになってきたのかというと、

自分が言ったこととやってることの矛盾に無自覚な人がかなり目につく。

たぶんこれ、なんですよねぇ;。いくつか例を挙げるとすると、

  • 自分は土日も全部仕事に費やしている、だから旅行も行けないけれどもみんなのためなので頑張る……と言いつつ、実際には仕事で各地を飛び回って美味しいものも食べてるし、挙句週末はないと言ってたはずなのになぜか土日に旅行しているエントリが;。
  • とある起業家が、最近の若い子はお金を稼ぐことしか考えてなくて嘆かわしい、なんて発言している。いやいやあなた、起業する前にさんざん私にお金の話ばっかりしていたでしょう、という;。

恐ろしいのは、うっかりそういう人たちがちょっと有名だったりすると取り巻き信者的な人が友達になっていて、いいね!が結構つくという;。ちょっとした閉鎖空間であるがゆえに、その人の社会的地位により、こういう矛盾のある行動が正当化されてしまう、そしてそれがその人の自己承認欲求を満たすのでどんどん悪循環的に書き込みが加速するという恐ろしい構図があって、あ゛~、これ自分ダメなヤツだわ;、と思ってしまったり。

モラルや善悪は社会的地位とは無関係に存在するもの(=社会的地位があれば黒が白になるわけではない)、という考え方自体が青い考え方なんだろうなぁ、とは思いますし、こういうのを見苦しいと思ってしまう(=うまくスルーできない)あたりも自分が自立できていない証左なんだよなぁと思いますが、幼い頃から染みついた考え方を変えるのはなかなか難しいものですね。

# などと偉そうに書いてる自分も絶対どっかでやらかしてるんだろうなぁ、とは思うんですが;。
# この手のミスは概して無自覚にやらかすもの;。なにはともあれ他山の石にしないと、です;。


これ以前のファイルはこちらからどうぞ。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Monthly Archives

Recent Comments