最近のトピック

バナー

というわけで、休み中ずーっとあれこれ遊びまわっていたわけですが、安息日にするつもりだった土曜日、ちょっと遊び足りないよね? ということで、こちらを攻略してきました。

20190316-111545 20190316-113157

さがみ湖プレジャーフォレスト。相模湖の湖畔にある、キャンプや BBQ などのアウトドア施設、温泉、遊園地などの複合リゾート施設。1972 年にオープンした相模湖ピクニックランドが経営母体を変えるなどして現在に至っているようで、ぶっちゃけ古びた遊園地……なのですが、富士急グループが運営しており、イルミネーションやパディントンタウン(子供向け遊園地)、マッスルモンスター(大人向け巨大アスレチック)などいろいろなテコ入れを継続的に行っている様子。入口の古めかしさに一瞬ヤバさを感じたものの、中に入ってみるとかなり遊べる、子連れに嬉しい遊園地になっていました。

この施設、山の斜面に作られており、駐車場から入口までの長い階段でいきなり心が折れそうになる遊園地です。山之上にある観覧車から下を見下ろしてみると、その高低差と広さがよくわかります。

20190316-113358 20190316-121548 20190316-142534

面白いのは複数のゾーンごとに対象年齢がうまく色分けされており、マッスルモンスターという大人向けアスレチック、パディントンタウンという幼児向け施設、大人も子供も遊べる雪ぞりゾーンなど、全年齢型でありながらもゾーン分けによってうまく客層が分離する形になっているところ。3 月下旬でまだ肌寒いこともあり、トーマスランド同様にお客さんは少な目で、事実上乗り放題状態になっていました。中でも子供がハマっていたのは、まずこちらの放水消防車、そして定番のジェットコースター。ジェットコースターは 2 周する仕組みになっており、短いながらもなかなか楽しめます。

20190316-121120 20190316-124616

立体迷路やミラーハウスもシンプルながら面白い。ミラーハウスに至ってはなぜか 3 ループも;。ちなみに富士急ハイランドにあったミラーハウスとほぼそっくりな仕掛けと構造でした。

20190316-114637

リフトで山の上に登って観覧車に乗ろう……としたのですが。

20190316-140242 20190316-140310

ちょ;;、なぜここにトーマスが;;;。
というかそれはフリーパスでは乗れないんだけどなー;;。

20190316-140414 20190316-141534

しかしそんな理屈は子供に通じるはずもなく;、ここにある乗り物に片っ端から乗るハメに;;。ちなみに後日の子供の認識では、ここはトーマスランドということになっておりました;;。違うんだけどなー;;。

……とまあ、いろいろ子供向けの乗り物も多くて楽しかったのですが、一番素晴らしいと思ったのはこちら。

20190316-152632

ピカソのタマゴ」という大型アスレチック。山の傾斜を生かして 27 種類ものアスレチックが連なっており、見たこともないような面白いアスレチックが次々と並んでいるという面白いアトラクションになっています。巨大なボールを押しながら進んだり、あるいは柱をつたいながら道から落ちないように歩いて進んだり。

20190316-153240 20190316-155204

ひとつひとつは小粒ながらもどれも創意工夫に溢れたものばかりで、そのボリュームには驚かされました。しかもこれが楽しいのは、子供は難なくクリアできるのに一緒にいる大人はとてつもなく苦戦させられるという点。子供は体が小さいのでするするとクリアできるものも、大人は体が大きいのでかがんだり遠回りしたりと無駄に体力を削られます;。この辺のバランス感覚が見事で、いやこれは子供と一緒に遊ぶと楽しいなぁと思ったり。

# もう少し大きくなるとゴーカートなども遊べるのですが、これもかなり長距離かつ本格的っぽい。

いやはや、ディズニーランドなどに比べると寂れた遊園地かと思いきや、しっかりリニューアルしながら童心に帰って子供と一緒に遊べるように作られている遊園地でとても楽しかったです。途中から雨に降られて早々に切り上げて帰ってきたのですが、都心からそれほど遠くもないので、またぜひ機会を見つけて遊びに行きたいところです。

今回はホリデーを楽しもう! ということで、敢えて舞浜近辺でホテルを取ることにしました。オフィシャルホテルという手もあるのですが、あまりにも高いしどうしようかなー、と思っていたら、かなりリーズナブルながらも異様に評価の高いホテルがあったのでこちらを手配。

20190313-213304

日和ホテル舞浜。楽天トラベルなどでも滅多に見ない 4.7 という高評価、その割に朝食付きでも家族 3 人で一泊 2 万円程度というリーズナブルな設定。どんなもんだろう? と行ってみたのですが、おそらく過去に宿泊したホテルの中でも 5 本の指に入る、抜群に快適なホテルでした。

20190313-213957 20190313-213959

20190313-215143

ざっと書き出すとこんな感じ。

  • 部屋自体は決して広くはなく、全部で 22m^2 しかないのですが、とにかく部屋の設計がすごい。22m^2 にもかかわらずバス・トイレ独立、さらに広い浴槽つきのシャワールーム。浴槽独立なので子供をきちんとお風呂に入れられるのがとにかく便利。引き戸の位置を変えると廊下との間を遮音できたり、シャワールームの手前の洗面台を囲えたりする仕組みになっており、柔軟性も高い。
  • 部屋は畳(琉球畳)で、靴を脱いで上がる形になっており、椅子やテープルも膝より低い高さ。子供と一緒になってゆっくりくつろげる。ベッドも比較的低めのため、仮に子供が転げ落ちても安心な高さ。
  • リクシルの部材を使っていたりダイキンのエアコンを入れていたりと、まるで自宅に入れるような部材をかなり豊富に入れているのにびっくり。さらに驚かされたのは、足裏マッサージャーと靴の乾燥機が備え付けられていたこと。靴の乾燥機は初めて見ましたが、雨の日で子供の靴が濡れてしまった場合には間違いなく最強のアイテムです。(ちなみにコインランドリーもあります。)

20190313-213903 20190314-082535

20190314-082552 20190314-082610

20190314-082614 20190314-083427

  • 夜食としてカップラーメンの振る舞いがある(限定 50 食ぐらいらしいですが)。ちょっと小腹が空いた人には嬉しい限り。
  • 朝食は決して豪華ではないものの、オーソドックスな料理がとにかく豊富に揃っている。このため、子供に食べさせるものが豊富に取り揃えられる。しらすご飯とか、間違いなく子供は大好きだよねー、とか(笑)。ちなみに朝食会場はそれほど広くないのですが、各部屋から混雑状況を知ることができるようになっており、混雑を避けて朝食に取りに行けるようになっているのもよいです。
  • 徒歩圏内にはコンビニなどがないのですが、自転車を貸してくれるので買い出しは簡単に行くことが可能です。タクシーでも 1 メーター程度かなと思いますが、舞浜駅との間に送迎バスも走っており、パークとの移動もラクです。

もともと女性スタッフの人たちの声を生かして誕生したホテルだそうですが、実際、女性目線で考え抜かれたホテルだなぁという印象で、このホテルが他所にあったらぜひ使いたいと思いました。子供も畳の上で楽しそうにしており、泊まってよかったと思えるホテルでした。TDR 周辺のホテル探しで困っている方はぜひ検討してみて欲しいところです。

さて、今回ディズニーランドに初めてまともに子連れで行ったわけですが、正直よかったことばかりではなく、いろいろ悩ましいと思ったことも多々ありました。ざっと書き出すとこんな感じ。

  • 駐車場から入場ゲートまでの距離。朝いちばんでないと、入場ゲートからかなり遠いところに駐車する形になり、下手すると入場ゲートまで 15~20 分程度歩かなければならなくなります。大人ならともかく、子供にとっては正直かなり厳しい距離。ベビーカーを持って行かないとこれはなんともならないなぁと思ったり。
  • 子供向けのシンプルなご飯が皆無。もともとディズニーランドは「世界観を壊さないため」という理由で、アレルギー以外の理由でのご飯の持ち込みを禁止しています。それはそれで構わないのですが、問題なのは 3 歳ぐらいの子供が食べたくなるようなシンプルなご飯がほとんどないという点。凝った料理は多いし、デニッシュみたいなものとかカレーライスとか小学生ぐらいの子供たちが好きそうなものは多いんですが、要するに、ただのロールパンとかベーグルとか、ただの白米とかおにぎりとかうどんとか、ただのバナナとかが欲しいのですが、そういうものがないんですよね(ちなみにハワイのアウラニはこういうシンプルなものがかなり用意されていたので困ることはなかったです)。やむなくカレーライスのご飯だけ食べさせるとかいう荒業に出ましたが、これだったら普通にパンなどを持ち込んでお目こぼししてもらう方が正しかったのかもしれません。
  • 子供に優しくないパークの状況;。まあこれは日本特有だし仕方のないことなのですが、アメリカのディズニーランドは客層としてバカンスを楽しみに来ているファミリー客が多いこともあってか、子供に積極的に行列を譲るなど、みんなが子供に優しい。子供にいい思い出を作ってあげたいという感覚からなのかなと思うのですが、自分も子供を持ったりアメリカの DLR/WDW に行ったりするまでこういう感覚がなかっただけに反省することしきりです;。

結局のところ、こうした状況を踏まえた上で回り方を考えないといけないんだなぁと思ったり。子連れディズニーのプロからするとこの辺うまい回り方があるのでしょうが、もうちょっと下調べしてから行った方がよかったかも、と感じました。特に食事なんかは探せばいろいろあるのかもしれませんね。

しかし今回のディズニーランド訪問の中で、一番びっくりした & 感心したアトラクションはこれです。

20190313-173720

スティッチ・エンカウンター。このアトラクション、スペースマウンテンの前の建物の中にあり、キャプテン EO からの架け替えになっていたのですが、実は一度も入ったことがなかったんですよね。待ち時間が 10 分程度だったこともあり、今回、ちょっと時間潰しに……と思って入ってみたら、これがとんでもないダークホース

ストーリーとしては、スティッチが悪いことをしないようにみんなで遠隔監視をする、というものなのですが、実態はスティッチがゲストをいじりながら会話を進めるという参加型のショーアトラクション。裏方にいるキャストがスティッチに扮する形になっており、音声変換でステッチの声に、そしてそれに連動して CG キャラクターが画面上で動くという仕組み。驚くべきはその CG 合成・音声合成のクォリティの高さで、最初に見たときは仕込み入りのただのムービーだと思い込んだほど。そしてゲストをいじるキャストのスキルが驚くほど高く、ギリギリまで攻めるツッコミの入れように、ゲスト(のうち大人たち)が大笑い。(子供たちは微妙にぽかーん状態ですがw)

調べてみたところ、開始からすでに 3 年以上経っていて、いじり方もかなりこなれてきているのだろうとは思いますが、それにしてもアトラクションとしての驚くほどのクォリティの高さに舌を巻きました。ディズニーランドに行くのであればぜひ訪れてみていただきたいアトラクションです。

子供と一緒にいると、普段なかなか行かないアトラクションに乗るもので、今回初めてバスに乗りました;。

20190313-170838 20190313-171346

オムニ・バスというアトラクションで、お城の前の広場をぐるっと一周回ってくるだけのもの。一周 5 分ぐらいの簡単なアトラクション……なのですが、笑ってしまったのはお城の前の広場に大量の学生たちが居座っているところを押し分けて通っていくというあたり^^。人払いしながら進んでいくバスはちょっと面白かったです。

20190314-164529 20190314-164210

そしてウェスタンリバー鉄道やマークトゥエイン号も、やはり子供と一緒だとリピートしますね。鉄道は 4 回、船は 2 回リピートしましたが、親的には割とまったりできるので助かります^^。あまり認識してなかったですが、ウェスタンリバー鉄道は都合 4 台がぐるぐる走っているとのこと。にもかかわらず 4 回リピートしたのにすべて同じ車両という珍しい事態に陥りました。たまたまですかね?

それにしても、ディズニーランドのアトラクションはやはり他のパークとは違って質が高いと改めて実感。やはり五感に訴えかけるように設計されているところが素晴らしく、視覚だけではなく聴覚や嗅覚など、非常によく設計されているなぁと感心します。汽車の音なのか蒸気船の音なのか子供と話したりするなど、そこから会話が広がったりするあたり、子供にとっては刺激あふれる夢の国ですね、ホントに。

最近のディズニーランドでは、現地に行かなくてもスマホアプリでショーの抽選ができるようになっているのですが、これがなかなか滅多に当たるものではなかったり。がしかし、今回珍しくワンマンズドリームが当たったのでみんなで見てきました。

20190313-125730 20190313-130528

20190313-130834 20190313-131852_

20190313-132628 20190313-133256

モノクロの世界から始まってフルカラーへと変化、そしてサーカスなど様々なシーンを経てエンディングへと至るショーで、相当な数のキャラクターとキャストが出てくるかなり気合の入ったショー。あまり期待していなかったのですが、見ていてかなり楽しかったので驚きました。しかも軽く調べてみたら、このショー、地味に今年いっぱいで終了するんですね。今回見られてよかったです。

ちなみにさすがに子供にはちょっと早かったかなー、という印象で、昼過ぎということもあって半分寝落ちしてました;。まあ仕方ないですね^^。

というわけで、一日安息日を置いて、久しぶりにやってきました東京ディズニーランド~。

20190313-095008 20190313-103146

……といっても家族で来るのは初めてではなかったり。エントリは書いてないのですが昨年 11 月頃にスターライトパスポートを使って夕方~夜に一度来てみていたりしました。そもそもディズニー無理~、とかなると悲惨なのですが、前回なかなか楽しんでいたようだったので、今回は本格的に朝から参戦してみたりしました。(といってもまったり出撃なのでインパは 11 時頃)

平日だからそれほど混雑していないだろう、と踏んでいたのですが、これが大外れ;。春休み時期でパークには学生さんたちが溢れかえっていてどーするよ?状態に;。トゥーンタウンなら大丈夫じゃね?と思いきや、インスタ映えする写真を求める女子学生たちでカオスな地獄絵図になっているというワナ;;。入口のパン屋さんは 30 分待ちだし、おいおいこれどーするよ? 状態に。

そんなわけで、回避策としてこちらに向かいました。

20190313-121042 20190313-115944

いわゆるトムソーヤ島。リアルマイシスターに教えてもらって初めて渡れることに気づいた島ですが、ここは子供を遊ばせるのにちょうどよい場所だったりします。あまり知られていないおかげでそれほど混雑もしておらず、一方で五感を刺激する仕掛けが満載なので、未就学児にとってはまさに冒険の地なんじゃないかという感じ。実際、息子も水を得た魚のごとくあちこちに走り回り、ひたすらつり橋をループすること 10 回とか、ひたすら洞窟に入ること 10 回とか、ひたすらツリーハウスに登ること 10 回とか、それはもう楽しそうに遊びまわってました。さすがディズニーというべきか、安全対策がほぼ完璧、加えて途切れ目なくいろんな仕掛けが密集しているので、自由に走り回らせて遊ばせても安心していられるのがとても助かります

20190313-115022 20190313-115216

……というわけで 2 日間の大半をこのトムソーヤ島で過ごしたのですが、今回衝撃の事実が。

20190314-144552 20190314-144858 20190314-145124

……え゛? これどこよ???;;;
っていうか、こんなとこあったの???

トムソーヤ島の奥の方にあるのですが、30 年以上もディズニーランドに来ていて、まさか未開拓の場所があるとは思ってもいなかったワナ;;。さすがにここはほとんど知られていないようで、パーク内の混雑ぶりとは裏腹にあまり人気がなくてかなり快適でした。

というわけで、この日の帰りがけに談合坂 SA に立ち寄って購入した名物品をいくつか。

20190311-173223

まずはパン・デ・モンテの限定パン、甲州牛入りメンチカツバーガーと、桔梗信玄餅デニッシュ。あと野沢菜コロッケサンドも購入してみました。メンチカツバーガーは人気があるといわれているだけあって普通においしかったです。桔梗信玄餅デニッシュは……なぜデニッシュに桔梗信玄餅を合わせる必要があるのか全く理解できない一品でした。いや美味しいけど、正直別々に食べてもいい感じ……(苦笑)

20190311-173941 20190311-191954

そしてもう一つは桔梗信玄餅シーキューブ。こちらは談合坂 SA での一番人気商品で、キューブ状のクッキーシューを使ったシュークリームの中に、あんこや生クリーム、信玄餅が入っているというものです。

20190311-174252 20190311-194820

20190311-195203

食べてみましたが、いやこれは確かに美味しい……美味しい……んですが、正直、シュークリームである必要性は(ry、みたいな感じでした;。まあそりゃ、桔梗信玄餅+あんこ+生クリームの組み合わせだけで十分おいしいですもんねぇ^^。でもこれは確かにオススメできる一品です。もしこの SA に立ち寄る機会があればぜひ。

というわけで、ハイランドホテルで一夜明けて窓を開けてみたのですが、そこはなんと。

20190311-075858

一面の銀世界でした……
って、ちょ、おい;;;、どうすんのよこれ;;;。

というわけで翌朝の雪景色に激しく動揺;。そうだよね、こっちで雨が降るっていったら雪も想定しなくちゃだよねー;、というかおいこれホントに車で帰れるのか状態;;。いやこれヤバくね? と動揺しつつ、まあ最悪もう一泊すればいいじゃん、ということでとりあえず富士急ハイランドへ。(ぉぃ

ちなみにトーマスタウンに向かう途中にミラーハウスがあり、フリーパスを持っていると遊べます。子供は鏡好きなので、雨をやり過ごすためにとりあえず入ってみたのですが。

20190311-101652

おいこら、このミラーハウス、出口ないじゃん;;;。
っていうかこれどうやって出るのよ状態;;。

平均滞留時間 10 分ぐらいらしいのですが、ミラーハウスでまさかの遭難;;。あまりにも帰りが遅い我々を心配して、係員さんが見に来てくれる始末;;。ううっ、すみませんー;。でもこのミラーハウスは普通に面白かったです。

2 日目は天気が心配でしたが、観覧車やトーマス機関車で少し時間潰しをしていたら無事に雨も上がって小晴れに。こうなると息子の独壇場、軽く鬼リピートが始まります;;。

20190311-105612 20190311-105842

20190311-113154 20190311-113634

20190311-115136 20190311-115710

蒸気機関車、ジェットコースター、ボート、そして室内ライドアトラクション。私と嫁とで交互に乗ってやり過ごしていたのですが、「次はママー」「次はパパー」「次はパパもママもー」と、次々と駆り出される我々……;;。それぞれ 10 回近くは乗っているのですが、一番ひどかったのが室内ライドアトラクション(トーマスのたからさがし大冒険)。新しいアトラクションの様子でしたが、私も妻も引き回されて、たぶん 15  回ぐらいリピート乗車……;。懐中電灯で宝探しをするアトラクションなのですが、全部の宝物を見つけるまでそう時間はかからず……;。これだけリピートしても笑顔を絶やさず頑張ってくれた係員さんには頭が下がります;;。

ちなみにここ、レストランはマジでイケてませんでした;;。

20190311-124630 20190311-125008

20190311-125626

ランチボックスがあるのですが(ランチボックスがおみやげになるもので \1,300 ぐらい)、価格設定はともかくもボリュームが少なすぎるワナ;。トーマスのボックスののり弁当も、のりのくり貫きはセルフサービスという荒っぽさ。味も正直イマイチだし、もうちょっとなんとかならないかなぁと思ったりします。これは悪評が多いのも無理ないかも;。

20190311-142452 20190311-155338

最近トーマス好きな息子にとっては夢の時間だったようで、ずーっとニコニコで思いっきり喜んでいる姿は親としてもなかなか新鮮……でしたが、ここで抵抗しないと二度とここには戻ってこれないと察知したのか、入場ゲートに戻るといきなり高飛車の行列を見つけてそちらに行くと抵抗したり(あなたは乗れません;)、車のチャイルドシートに乗るのを頑として抵抗したり;。いやはや、子供ってなかなか騙せませんねー(苦笑)。でもまあ、はしゃぎまくる子供と一緒にいるのはめちゃめちゃ楽しかったです。

さて、この日はさくっとオフィシャルホテルであるハイランドホテルに宿泊。日曜日から平日にかけての宿泊ということもあり、宿代が安めで済むので、ちょっと張り込んで Grand Executive Floor なるリニューアルフロアに宿泊してみました。

20190310-165757 20190310-170336

部屋は 24m^2 と狭いのですが、ベッドが広くてキングサイズ、3 人で寝るにはちょうどよい感じです。窓からパークの様子が一望できるのも楽しいところ。宿泊者特典として温泉チケットがついてきたりするのもよいですね。

ホテルの中も割と便利で、ベーカリーやパティスリーもあるのでちょろっと買い出して自室で食べたりもできます。

20190310-171412 20190310-171417

20190310-171432 20190310-171437

残念なのは、館内のレストランが割と子連れがつらそうなところが多いこと;。ちょっと車で出ればファミレスもあるのですが、ぶっちゃけめんどいのでルームサービスを注文。

20190310-193007 20190310-193320

20190310-193322 20190310-193324

お値段高めかと思ったら、地味にボリューム多いよ!状態で、ちょっと頼みすぎました;。パスタとかかなり大盛な感じ。パンも少し買っておいたのですが、とても食べきれず。この辺の量の読みはなんとも難しいですねぇ;。


これ以前のファイルはこちらからどうぞ。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Monthly Archives

Recent Comments