最近のトピック

バナー

そういえば、お約束でこいつも購入しましたよ?

20181203_130627951_iOS 20181203_130719346_iOS

プレイステーションクラシック。当初は予約制限やらいろいろかかるっぽくて入手が大変そうかと思っていましたが、フタを開けてみれば在庫余りまくり。かなり肩透かしな感もありましたが、まあとりあえず思い出記念ということで購入してみた次第。

20 本ほど入っているのですが、全体的に言うとかなり微妙な感じもあります。無理もないのですが、ファミコン時代と違ってゲームのジャンル・幅が爆発的に広がったために、正直タイトルチョイスに総花感があるという印象。シューター的な感覚だと、なんで RayStorm とか入ってないんだよ! とか;。でも RPG マニア的にはまあいろいろあるでしょう、という感じ。

……とか思っていたら、実は隠しメニューがあったり USB メモリから ROM データ読み込めたり、さらには隠しタイトルのファイルが発見されたりと、一部では祭りの状態になっているっぽいですが;、逆に言えば今後タイトルが増えていく可能性もあるかもしれませんね。優秀なタイトルが多いだけに、この辺りはぜひ期待したいところです。

正直ここまでだけでも相当に満足していたのですが、真のラスボスは、なんと新大阪駅にいました;;。

20181116_092117220_iOS 20181116_092120672_iOS

赤白(こうはく)というワインバー。新大阪駅の中にあるお店なのですが、超人気店のため大行列。金曜日の終電間際の新幹線のチケットを押さえており、今さら繰り上げもできないので……と腹をくくって行列に並んだのですが、軽く 1 時間半待ちだったのには参りました;。しかし供された料理はその時間に見合う品物ばかりで正直なところびっくり。

20181116_092141290_iOS

フレンチと和の融合を掲げて、フレンチおでんとかフレンチ焼き鳥みたいな妙なものを出すのですが、これが恐ろしく激うまなのですよ;。

20181116_104212627_iOS 20181116_104915665_iOS

まず左のポルチーニ大根。これがヤバい;;。コンソメで炊いた大根に、ポルチーニ茸のクリームソースがかかっているのですが、もうワインとの組み合わせは最強としか言いようがない;;。大根の軽さがポルチーニ茸のクリームソースの濃厚さをうまく中和してくれており、まさにソースとワインの組み合わせを楽しむために生まれた一品、とでもいう感じ。そして右の写真の砂肝グリーンマスタードソースもヤバい旨さ。砂肝好きの嫁にごめん……と思わず心の中で詫びた一品。(ぉぃ

20181116_105740335_iOS 20181116_112004144_iOS 20181116_104215529_iOS

肉料理も素晴らしい。牛ヒレ肉のソテーと牛ホホ肉の赤ワイン煮込みという定番を頼んでみましたが、どちらもかなりレベルが高い。取り合わせのミニサラダも彩り豊かで、いやもうかなり幸せいっぱいな感じ。

20181116_105033451_iOS 20181116_103740480_iOS

また感心したのはワインのメニューリスト。グラスワインの白だけで 10 種類近くを取り揃えている(もちろん赤や泡も同じぐらいある)のもびっくりですが、素人でもわかりやすく選べるようになっているのが素晴らしい。「迷ったらコレ」が最高すぎ(笑)ですが、お店の人に聞けばいろいろ教えてくれるのも楽しいところ。これは人気店にならない理由がない、という印象です。

難点はとにもかくにも行列が激しいことですが、大阪に 3 店舗ぐらいあるみたいなので、今度は別の店舗も攻めてみたいところです。しかし今一つ解せないのは、これだけ素晴らしいと感じる店なのに食べログポイント 3.58 という……; いやはや、大阪おそるべし、です;。

さすがになんかお土産持ち帰らないとまずいなー、ということで探してみると、近場においしそうなパン屋さんがあったので調達。

20181116_012808299_iOS

PARIS-h (パリアッシュ)というお店。入り方がわからなくて四苦八苦しましたが、外から直接入れたのね....; ネットを見てみるとかなり有名なお店のようで、様々な焼き菓子とパンが所せましと並んでいました。見ているだけでテンション上がります^^。

20181116_013007616_iOS 20181116_013052137_iOS

20181116_013315531_iOS 20181116_013319517_iOS

20181116_013400103_iOS 20181116_225147465_iOS

いわゆるスペシャリテをいくつか見繕って買って帰ってみましたが、素晴らしかったのはオレンジのエピ。オレンジピールを練り込んだ生地でオレンジコンポーネントを包んで焼いたパンなのですが、オレンジとパンの風味との相性が抜群で、記憶に残る一品でした。

……しかし大阪駅からはかなり距離あるので、出張者ではおいそれとはなかなか来訪できない場所ですね;。また行ってみたいものなのですが。

やっぱり〆はラーメンでしょ、ということで、飲み終わってしばらく時間を空けてからつい食べに行きました(ぉぃ;。

20181115_142017607_iOS 20181115_142335731_iOS

神虎 肥後橋店。調べてみると大坂で複数店舗を持つお店っぽかったですが、オーソドックスな豚骨ラーメン。クセがなく、臭いもないのですっと食べられる一杯でした。閉店間際の入店でしたが、お店の人の対応もスムーズで気持ちよかったです。ふらっと入ってもこのクォリティなのかー、と思わずにはいられないです。さすが大坂^^。

さて、今回の大阪出張では当たりくじを引きまくったので何軒か紹介。まずはこちら。

20181115_111945909_iOS

大阪肥後橋にある立ち飲み屋さん、わすれな草。本格カレーと一品料理という理解に苦しむ組み合わせですが、ランチでカレー、夜は一杯飲み屋という立て付けでやっているとのこと。行列店なのですが、運がよく、20 分ほどで入ることができました。とりあえずバラバラと注文してみました。

20181115_114029231_iOS 20181115_114227011_iOS

20181115_115326567_iOS 20181115_120735239_iOS

20181115_123328990_iOS 20181115_125033529_iOS

結論から言うと、これはめちゃめちゃ素晴らしい名店味よしコスパよし大将よしで、ものすごく気持ちよく酔っ払える一軒です。感心したのが大将の気遣いで、カウンター 20 人程度のお客さんを丁寧に相手にしながら手際よく料理を作っていく様は素晴らしいの一言。常連客も気さくな人が多いのか、隣同士の見知らぬ人同士が仲良くなったり、お互いに譲り合ったり。一人での出張先でこういうお店に当たると本当に気分がよいです。お会計が安すぎたのにもびっくりでしたが;。

ちなみにお願いすると、持ち帰りでお昼のカレールーをお土産にできます。これ、ホテルに持ち帰って少しすすってみたのですがこれもめちゃめちゃ美味しい。……いや明らかにおなか一杯なんですが;。

大坂に出張したときにはまた行ってみたい、そう思わずにはいられなかったお店ですが、時間帯が悪いと相当混雑するようなのが悩ましいところ。小綺麗なお店では決してないですが、サラリーマン的にはたまらないですねー、こういうお店。

今回の出張は和歌山 → 大阪の連荘だったので、夜には大阪の方に移動。

20181115_095813041_iOS 20181115_095947618_iOS 20181115_100149362_iOS

宿泊はどこでもよかったのですが、移動などの便を考えて APA HOTEL を使ってみました。いや実は今まで一度も使ったことがなかったので;。

20181115_101005258_iOS 20181115_101012308_iOS

大阪肥後橋駅前のアパホテルを使ってみましたが、なるほどこれはいろいろ興味深いホテルでした。部屋は恐ろしく手狭、けれどもベッドだけはきっちりサイズが確保されており、またテレビや電源、WiFi など機能面で困ることはなかったです。部屋風呂は手狭ですが、かわりに大浴場が用意されており、きちんと息抜きすることも可能。また朝食は最上階のレストランを利用できるのですが、屋外テラスもあったりして、これがまた気持ちが良かったです。

20181115_234548462_iOS 20181115_234835500_iOS

20181115_234842022_iOS 20181115_235344584_iOS

20181115_235349455_iOS 20181115_235357528_iOS

20181115_235402999_iOS

10m^2 程度の部屋でありながら値段が恐ろしく変動するので、このホテルに 5000~6000 円で宿泊するのと 10,000 円超えで宿泊するのでは評価が一変するのも当然だろうなぁ、と思ったり;。私は広いに越したことはないけれども狭くても機能的ならまあ妥協できるタイプの人間なので、安いときなら自分で取ってもいいかなという感じ。まあこれは確かにビジネスが伸びるかもなぁ……という印象でした。

してみましたよ!

20181115_013715858_iOS 20181115_020052545_iOS

先日、出張で初めて関空を使ってみたりしました。普通、大阪出張のときには新幹線を使うのですが、今回和歌山のお客様への訪問があって関空を使ってみた次第。ぜんぜん知らなかったんですが、関西国際空港って和歌山にあるのですね;。確かに大坂まで 1 時間とかなると、そりゃ普通は新幹線使うよなぁ……と思ったり。

ちょっと驚いたのは、予想以上に外国人の観光客が多かったことと、バスでさまざまな方面へ観光客が向かっていたこと。正直、関西だと奈良か京都の二択だろう、ぐらい思っていたのですが、様々な方面への路線バスに外国人観光客がバラけていくのを見てびっくり。……もしかして日本人の私よりもよっぽどこの辺の観光地に詳しいのではなかろうか;、状態;;。

20181115_003426224_iOS

ちなみにフライトでは初めてスターフライヤー使いましたが、コーヒーがタリーズってのもなかなかすごいですね^^。

最近、嫁が get してきたグッズをひとつ。

20180930_010613894_iOS 20180930_010622828_iOS

これ、いわゆるエコバッグなのですが、使い方がやや特殊。口を開くと、レジカゴのサイズにピッタリ合うようになっており、そこにぽんぽん荷物を入れてもらうとそのまま取り出すことができるという逸品。そしてサイズ的にそのまま自転車の後輪のカゴに入れられるので、いやこれめっちゃ便利じゃん! と思っていたりします。

20180930_010601528_iOS 20180930_004955590_iOS

とにかくよいのが上下の詰め替え直しが不要という点。レジの人が精算カゴに入れるときには軽いものを上に持ってくるので、レジ通過後の詰め直しがとにかく面倒。レジ係の人は完璧なぐらいに綺麗に精算カゴに入れてくれるだけになんとかならないものかとよく思っていたのですが、このエコバッグがあればそんな問題も一発解決じゃん! ……と思っていたのですが。

普段行くスーパーで何度か使っていると、断られこそしないものの、レジ係の人によって稀に微妙な顔をする人もあって、うーん? と思ってネットで調べてみると、結構いろんな意見がある様子。まあ意見としてわかるところもあるし、混雑してるときにやめて欲しいというのはごもっともなのですが、じゃあレジカゴだったら商品を雑に扱うかといえばそんなこともないわけで、正直、業界全体で規格を揃えて推奨エコバッグとか作ればいいじゃん、と思ったりもします。なんかうまい解決策があるとよいんですけどねぇ。

自宅ではルンバ君をよく稼働させてますが、こっちがいいよ、と知人にオススメされて買ってみたりしました。

20180923_055843190_iOS 20180923_060036110_iOS

床拭きロボット ブラーバ。ルンバと同じメーカーであるアイロボットが出している新しいタイプのロボットで、掃除機ではなく床にモップをかけてくる装置です。メリットはなんといっても静穏性で、子供が寝ていても夜中でも全く気になることなく利用可能。Braava jet と Braava 380j という 2 機種があるのですが、前者は水を撒きながらふき取っていくタイプ、後者はクイッ〇ルワイパーのシートを使ってモップかけができるタイプ。

前者はタンクのメンテナンスが面倒そう、というのもあって後者にしたのですが、確かに極めて静かなのは素晴らしく、また小型なのもよいところ。難点としては、やはりゴミ取り能力が低いところ。ルンバ → ブラーバという 2 回掛けだと綺麗になる……のですが、そんなのは正直めんどいので悩ましいところです。(なので実際には状況によって使い分けています)

お掃除ロボットは最近かなり選択肢が増えてきているのですが、実際にどこが本当にきちんと掃除してくれるのかは気になりますね。ルンバだとまあ普通には掃除してくれるのですが、子供がいるともうちょっとちゃんと掃除してくれたらなぁと思うところもあり、通常の掃除機と同レベルぐらいまできれいにしてくれるロボット掃除機が欲しいところです。

母親のところにある iPad mini 2 ですが、落としてパネルを割ってしまった、とのこと。調べてみるとやはりオフィシャルで交換するとかなり高くつく……うーん、どうしよう、と思っていたところ、ネットで調べてみると部品だけなら \2,000 ぐらい。まあものは試しかな、ということで挑戦してみました。

20180731_053843873_iOS

やることとしては、ドライヤーで接着剤を温めてパネルをはがして交換する、というもの。交換のやり方の動画はネットにいくらでも出ているので、それを参考にしながら進めるのですが。

20180731_054446887_iOS

いきなりひび割れしまくる全面パネル;;。おいおい大丈夫かと思いつつ、一生懸命パネルをはがします。

20180731_063749878_iOS

そしてそーっと基盤からラインを抜きつつ、パネルを張りなおして交換完了です。

20180731_070812576_iOS 20180731_071038411_iOS

ここまでざっくり約一時間半。いやこれはちょっと面倒だなぁという感じで、いわゆるスマホでのパネル交換などとは難易度と面倒さが桁違いだという印象です。安価に交換できたのはよかったのですが、もう二度と割られては困る、ということで、クッションになる TPU ケースを購入。いや、最初からこうしておけばよかったんだよね……という;;。うーん。


これ以前のファイルはこちらからどうぞ。

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

Monthly Archives

Recent Comments