最近のトピック

バナー

発刊されていることに気付いておらず、先日ようやく読破しました。

[榎宮 祐]のノーゲーム・ノーライフ 11 ゲーマー兄妹たちはカップルにならなきゃ出られないそうです【電子特典付き】 (MF文庫J)

ノーゲーム・ノーライフ 11 巻。前巻から実に 3 年 9 か月ぶりの新刊で、ついにというかようやく出たのか、という感じ。作者の榎宮 祐氏は 10 年以上前に胃ガンを発症して海外で先進治療を受けているのですが、その後も頻繁に身体を壊している様子で、巻末あとがきによればここ数年は本当に死にそうになっていたのだとか。そんな経緯で上梓された 11 巻は、期待を大きく上回った、とんでもない一冊に仕上がっていました。

そういやノゲノラはエントリ書いたことないよな、と思い出して、軽く感想をまとめてみると。

そもそもノゲノラはおそらく相当に人を選ぶ作品。見た目は典型的な異世界転生モノで、引きこもりゲーマーが、ゲームで全てが決まるという転生先の異世界で無双する……という設定なのですが、実際にそこで描かれるのは「人間の持つ無限の可能性」。弱者によるジャイアントキリングこそがこの作品の神髄でしょう。それは第1巻の戴冠式のときにはっきりと宣言され、そして脈々と作品の根底に流れ続けています。

「三度繰り返す! 我らは弱者だ!
いつの世も強者であることにあぐらをかいた者どもの、喉元を食いちぎってきた――誇り高き『弱者』だ!」
「我々はここに、205代エルキア国王、女王として戴冠したことを宣言する」
「我ら二人は弱者として生き、弱者らしく戦い、そして弱者らしく強者を屠ることを、ここに宣言する! かつてそうだったように――これからもそうであるように!」
「認めよ! 我ら、最弱の種族!」
「何も持って生まれぬ故に――何モノにもなれる――最弱の種族であることを!」

作中で描かれるゲームは実在のものではなく、作者が作った架空のゲーム。それゆえにルールがやたらと複雑で理解するのが大変だったり、隠しルールが後から出てきてチート感満載な側面もあり、ネット上の評価を見ていてもそのあたりの不評は存在する様子。とはいえもともとノゲノラは外連味で魅せるタイプの作品なので、その部分に食ってかかるのはやや筋違いというもの。作品中では、上位種族が人類種(イマニティ)に負ける理由が、下位種族であることを侮ったから、という点で一貫しており、そこを突いて最後の最後に盤面をまるごとひっくり返す、というのがこの作品の醍醐味でもあるでしょう。

そして本巻。ゲームは妖精種と空白たちとの勝負……のように見せかけながら、実は空と白の恋愛ゲームにもなっていて、さらにはそれが森精種からの仕掛けによるもの、という多重構造になっていることに驚かされます。しかもそれが今どきらしい YouTube 配信やらバチェラーやらをネタにしているのにもびっくり。作者の榎宮さん、どんだけ多彩なんですか状態;。

# 実は 11 巻を読んだあと、1 巻から 11 巻まで改めて読破し直したのですが、全く筆力に衰えを感じないのは本当にすごいですね。これだけ長期の作品だと普通はダレてくるものですが、作品の密度を保ち続けているのには驚かされます。

11 巻のラストでは、いよいよ終局に向けて盤面を整えてきた感じがありますね。エルキア連邦と対エルキア連邦戦線に二分された世界、そして最後に待つラスボスは、森精種の全権代理者 アウリ=エル・ヴィオルハート……ではなく、おそらくエルキア共和国議員内閣・主席のクラミー・ツェル。……といってもこの構図は相当前から張られていた伏線だとは思いますが。

「私も――空も。超人でもなければ天才でもない。でも、そうある必要はないのよ。」
「そうであろうとすることが重要なの。」
「私達の無限回の失敗が、続く人の足下を照らす――暗闇を歩く灯火になる。」

「彼はプレイヤーであろうとした人よ。ただの人形であることを辞めた人。」
――そして、そう、強いて言うなら――と続ける。
「いずれ私達が、超える人――かしら?」

クラミーは空の記憶を共有していること、そして弱者によるジャイアントキリング、成長による無限の可能性こそが本作のテーマであることを踏まえれば、エルヴン・ガルド派遣監査官 フィール・ニルヴァレンを介してアウリ=エル・ヴィオルハートを出し抜く形でクラミーが連邦戦線の主導権を握る形になり、テトへの挑戦権を賭けて人類種の全権代理を争う……という構図、なんでしょうね。

しかしやはり心配なのは、作者である榎宮 祐氏の健康状態。無理をしないでほしいと思う一方で、早く続きも見たいしこの作品の結末を見てみたい、という気持ちも抑えられないのも本音なところ。そう思える作品に出会えたことだけでも幸せかもしれませんね。8 年前に放映されたアニメ版も秀逸だっただけに、2 期とかやってほしいところですが、さすがに今更で無理ですかねぇ。。。;

しばらく前ですが、車で足を延ばして、こちらを攻略してきました。

DSC_9503 DSC_9508

ミュージアムパーク 茨城県自然博物館。息子が恐竜好きで、科博にはしょっちゅう行っているのですが、関東圏で大きな恐竜関連の展示があるのは科博と神奈川県立生命の星・地球博物館、そしてここ、ミュージアムパーク茨城県自然博物館。神奈川の地球博物館はちょうど工事にひっかかってまだ訪問できていないのですが、一方のこちらもダイオウイカ標本のホルマリン流出事故のおかげで訪問できていませんでした。今回、タイミングをうまく見つけてようやく行くことができた……のですが、いやはやここは文句なしに素晴らしい博物館でした。

DSC_9509 DSC_9510 DSC_9512

DSC_9515 DSC_9520

DSC_9528 DSC_9601

DSC_9602

ここの展示の素晴らしいところは、子供にとっての分かりやすさや興味喚起を徹底的に追及していると感じられるところ。科博は大人が行っても楽しめる、超本格志向の博物館ですが、それゆえにかなりの前提知識なり知見がないと、子供に説明してあげることも難しいし、興味を喚起することも難しい。けれどもこの博物館は、ひとつひとつの展示が何を見せようとしているのかが非常にわかりやすく、それゆえに子供に説明しやすいし、興味も持たせやすいんですよね。例えば魚の水槽を一つとっても、展示されている魚に関して見分け方がわかりやすく写真で説明されていたり、どこがおもしろいのかが説明されていたりするので、親にもわかりやすいし、子供にも非常に説明しやすい。

展示も全方位的で、宇宙、動植物、恐竜、自然など幅広く取りそろえられており、子供の興味が尽きることなく楽しめるのも素晴らしいところ。屋内展示を見るだけでも手一杯で、外の公園までは全く回れませんでした。いやー、これは本当にびっくりです。建物自体も複雑な構造になっていて、いろんなところを回るだけでも子供たちにとっては楽しくて仕方がない様子でした。

DSC_9578 DSC_9576

食堂もかなり良心的で、恐竜発掘カレー(恐竜の形のにんじんが入っていると当たりでちょっとしたおもちゃがもらえる)など遊び心もあってよかったです。小学生ぐらいだと、科博よりもこっちのほうがいろいろなことに興味を持たせやすいかもしれないですね。都心部からだと渋滞に巻き込まれなければ 1 時間ちょっとで行けるのもよいところ。ここは文句なしでリピート確定です。

我が家は体重計やら血圧計やらを片っ端から IoT 化していて、iPhone のヘルスケアデータに取り込んでいるのですが、体温計だけはまだ iPhone 取り込みできていませんでした。というわけで、こちらを購入。

20220401_040910545_iOS

この体温計のよいところは、データ転送に Bluetooth を使わないこと。かわりに、人間には聞こえない周波数帯の音を出して、それをスマホのマイクから拾う、という仕組みでデータを取ります。これが意外にシンプルで非常に便利。たかが体温のデータを転送するのに Bluetooth とかオーパスペックですからねぇ;。

もっとも体温なんて手打ちしてもたかがしれているし、そもそも普段使いで記録する必要性もそんなにないのも確かなので要らないっちゃ要らないのですが、Bluetooth のようなオーパスペックな仕組みではないので、たいした差額でもなく買えるのはよいところ。この音によるデータ転送の仕組みはもっと流行ってほしいところですね。

先日ですが、食洗器を新調することに;。

20220416_222618184_iOS 20220416_222547844_iOS

2016 年に導入した食洗器がちらちらと水漏れを起こすようになり、こりゃダメだということで新調することに。ビルトインタイプの食洗器は避けて、敢えて設置型にしたのでこういうときにあっさり交換できるのは便利です。毎年型番は変わっているもののフルモデルチェンジは 1 度だけ。なので実質 1 世代前からの乗り換えです。

各所のレビューや他のパナの食洗器のレビューを見ると、大きな食器やフライパンが入らない、食器配列の柔軟性がない、という不満が多い様子。これは確かにその通りですが、例えば我が家の場合は4人家族(=洗い物が多い)ということもあり、そもそも大型食器やフライパンまで入れたらとても設置型の食洗器では入りようがないんですよね……;。なので大型食器やフライパンは(数も少ないので)手洗いで自然乾燥、一方でたくさん使う小物食器に限定して食洗器を使う(ざっと洗い流してから食洗器にかけて回してしまう)、という形にしています。

そういう使い方だからだろうとは思いますが、しばらく使った感触としては前モデルと比べて非常によく出来ている、という印象。感心したのは、前モデルとほぼ同じ外寸なのに入れられる量が増えていること、また小物入れや水筒ホルダーの新設、フレーム形状の変更などで、食器の置き方の柔軟性が高まっていること。洗浄力は TR8 のときも特に不満はなかったのですが、並べやすさや入れられる量は TZ300 の方がよいですね。手入れもしやすくなっています。

敢えて不満点を挙げると、フロントパネルの状態表示がわかりにくく、タッチパネルの操作性がよくないこと。上位機種なのでスタイリッシュさを狙っているのね、というのはわかるんですが、カッコよくしてもわかりにくくなってしまっていては意味がないように思います。特に、今の状態(洗っているのかすすいでいるのか感想しているのか)が今一つわかりにくいのはちょっと不便。慣れの問題かな、とは思いますが。

突然の出費で手痛かったですが、一方で導入してみれば以前の機種より使い勝手がよく、着実な進化を感じられたのはよかったです。食洗器、一度使い始めるとホントに手放せなくなりますねぇ。。。;

先日ですが、前々から気になっていたこちらを訪問してみました。

20220123_000658847_iOS 20220417_005823093_iOS

20220417_010658478_iOS 20220417_011029042_iOS

お台場にある東京都の施設、虹の下水道館。近場にある水の科学館と対をなす施設で、水の科学館ほど充実した施設ではない(1 フロアでこじんまりやっている)のですが、展示自体はなかなかに面白い。入口には Kinect のセンサーを使ったと思われる下水道ゲームがあり、少し先には上水道/下水道の水の流れがイメージできる設備があったり。地下にある下水道処理施設がコロナの関係で見られなかったのは残念でしたが、なるほどここもいい施設ですね。

コロナで閑古鳥が吹いていましたが、施設の人によると、コロナ前は一日 800 人ぐらいが訪れていたとか。ゆっくり見て回れるのはありがたい一方で、非常にもったいない印象もありますね。

科博で開催中のポケモン化石博物館、桜のシーズンにけろっちゃ氏一家と一緒に行ってきました。

20220402_001006124_iOS 20220402_001150502_iOS

いずれ科博に回ってくるというのを知ってから事前に HP をチェックして、一か月前からがっつり予約をかけて行ってきたのですが。

20220402_002226615_iOS 20220402_002339724_iOS

20220402_002420119_iOS 20220402_002444961_iOS

……あ、あれ? これだけ??
という感じで、拍子抜けするぐらいあっさりとした展示でした;。

特別企画展、なんて書いてあるので普段の特別展と同様に B1F の半フロアを使った展示なのかと思いきや、旧館の 1フロアの半分だけを使った小規模展示だったのでかなり拍子抜け;。うむむ;、けろっちゃ氏一家にはわざわざ遠方から出てきてもらったのに微妙に申し訳なかった感じでした;。

とはいえ男の子 3 人はゲラゲラ言いながら楽しんでいたので、まあ結果オーライ。その後は国立国会図書館国際子ども図書館 → 上野公園の桜見物のコンボでした。

20220402_064041989_iOS 20220402_064156485_iOS

それにしても、女の子が三人よれば姦しい、とは言いますが、男の子も 3 人寄ると十分姦しいですね^^。もうちょっとすると、きっと姦しいではなく単純に騒がしい、になるんでしょうけれど^^、年齢が近いけろっちゃ氏の息子さん 2 人と遊ばせてもらえるのは本当にいい刺激になって有難いところです。

さて、私のほうのパソコンはペンやタッチが使えないので、安価なペンタブを一個買ってみました。

20220311_091915937_iOS 20220311_092044372_iOS

いやはやびっくりするのは、これ 3,000 円切るんですよね;。そして超軽量。こんなのがごろごろしてたら、そりゃまあとりあえず使ってみようかという気になります;。実際、普通に使う分には特に問題なく使える……のですが、マルチモニタになるとドライバ入れてきちんと設定しないとダメだったり、ボタン割り当てがさっと一発で行かなかったりと、そのあたりの不便さはやはりありました。とはいえそれほど使用頻度が高いものでもないので、まあこれぐらいのものがあればとりあえず十分ではありました。

というわけで自分の PC を買い替えてしばらくしたところ、息子に渡していた PC が重たすぎてゲームにならない、というクレームが;。実は最近、Minecraft をパソコンでプレイするようになったのですが、5 年前の Surface Pro 5 だと 2 コア 4 スレッドなのでさすがに重たいとのこと;。メモリ的には問題ないのですが、まあ確かに GPU と CPU のパワーは足りないよなぁ……という感じ。

じゃあ私と同じパソコンをもう一台買ってしまうかなとも思ったのですが、タッチパネルが使えない、というところがネックに。実は Switch から PC に乗り換えてプレイしているのですが、まだ小1なので、キーボードとマウスで操作していると武器の切り替えに使うマウスホイールが回せないんですよね。。。で、結局モニターに手が伸びる。タッチパネル搭載で何か安いモデルはないものか……と探しているうちにたどり着いたのがこちらでした。

20220412_104942761_iOS 20220417_043934480_iOS

Surface Laptop 4 の学生限定モデル。いやはや知らなかったんですが Surface の学生限定モデルって小学生でも買えるんですね;;。Ryzen 5 4680U (6C12T)、メモリ 16GB、256GB SSD、ペンにも対応したタッチパネル搭載で約 1.2kg 強。ちょい重ためですが、思った以上にコスパがよいモデルで驚きました。まあこのスペックなら小学校の間は十分使っていられるんじゃないかと。

# そして嫁とともにパソコンに Minecraft のシールを貼り付けまくっているという……;;。

しかしこれからの時代、パソコンには慣らしておきたいと思って Minecraft からパソコンのキーボードやマウスを触らせているのですが、まあさすがに子供は慣れるのが早いですね……;。思い返してみると、私もパソコンを初めて触ったのは小学2年生のとき。おかげでパソコンに関しては本当に空気のような存在になっていましたが、子供にも、道具としてパソコンをうまく使いこなせるようになってもらいたいものです。

少し前ですが、こちらを購入。

20220323_020410322_iOS 20220323_020616828_iOS

HP のノートパソコン、Pavilion Aero Laptop 13-be0000 価格.com 限定モデル。安価かつ軽量なノート PC を探していたのですが、意外にメモリ 16GB 搭載のモデルがない……と思っていたところに見つけたのがこちらのパソコン。1kg を切りながら、CPU は Ryzen 7 5800U (8C16T)、メモリ 16GB、512GB SSD、Win11 Pro 搭載。Office 半額セール、さらには7% off のシークレットクーポン適用も可能で、トータルざっくり 11 万という超驚愕のコスパです。もちろん安価なのでそれなりに弱点もあり、タッチパネルでなかったり、キーボード配列が微妙だったり、モニターが 180度まで開かなかったり。しかしボディの剛性も高く、PD 充電も可能で、いやこれはびっくりなモデルだなぁと感心。やはりというかなんというか、価格.com のノートパソコンやモバイルノート部門では不動の売れ筋ランキング 1 位を誇っており、そりゃまあそうだろう……という感じです。

それにしても最近はマルウェア対策でかなりの CPU パワーを取られるので、2~4 コアぐらいだと厳しくなってきた感がありますね。Ryzen 7 5800U は軽量ノート PC 搭載の CPU としてはほぼ最高クラスなので、さすがに動作が軽くてよい感じです。メモリが 32GB だったらこれ一台でオールラウンダーだったのがちょっともったいないところですね。

ネットで話題になっていたので、シャレで手を出してみました^^。

20220129_062618679_iOS

スマホで見ながら耳かきができるアイテム。ぶっちゃけ自分の耳の中なんて自分で見ることはないわけですが;、今はこんな簡単・安価なアイテムで見られるというのはちょっと驚きです。……がしかし、実際には映像と手を動かす方向とが右と左でごっちゃになるので思ったようには耳垢を取れず、むしろフラストレーションが溜まるというオチ;。まあ残念ながら企画倒れな感じでした。。。orz


これ以前のファイルはこちらからどうぞ。

2022年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

Recent Comments